人生の溜息

誰にだって溜息をつきたくなる時はあるもんだ。俺は毎日だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

かみ

 ようやく完成しました。第一章の壱、公開です。
 今回は完全に第三者の視点で語っております。なので永遠のアセリアらしさがない二次創作に感じるかもしれませんが、ご容赦ください。

 ヒロイン候補その一登場、の巻です。
 こんなのアズマリアじゃねえ、と思われた方。すみませんが、このままのノリで書いていきます。作者である私の妄想が書かれることはお知らせした通りですので。
 しかし書き始めた当初はこんな暴走癖のある設定じゃなかったんですがねえ。

 ちなみに私の趣味が大きく表れています。黒髪ロングヘアー最高。【悔恨】に代弁してもらっちゃってるようなものですが、私は髪をけっこう大事にしたり気にする性格です。
 もちろん世の中にある様々な髪型を否定するわけではありませんよ。他人の髪についてどうこう言うつもりはありません。が、私自身の髪を他人にどうこう言われるのはとても腹立たしいものを感じてしまいます。
 ……実はコンプレックスなのかもしれません。

 なお、SS内でリアが27歳であると書いていますが、安易に27歳の女性を思い浮かべないよう注意してください。
 ファンタズマゴリアで使われている暦は聖ヨト暦。
 1年は12ヶ月。1ヶ月は4週間。1週間は5日間です。
 総計して1年は240日となります。
 お分かりでしょうか。地球の1年365日に比べて約66%です。3分の2です。
 つまりファンタズマゴリアで27歳であっても、地球の人から見れば18歳くらい……というのが私の考えです。
 世界によって時間の流れが違うように、人間の成長速度が違うことも大いにありえます。誰も断言はできないのです。これは私なりに当て嵌めた設定である、と解釈してください。
 まあ要するに普通のエロゲーヒロインとそれほど変わらないと理解してもらえればOKです。

 *追記*
 ところで、今回の話の中で登場した以下のもの
・モーナム(リクェムを多く使った緑色の野菜スープ)
・コチの実(日本でいう梨のような果物)
 は、作者である私が勝手に考えた言葉です。実際のゲームには出てこないのであしからず。
 聖ヨト語としてありそうな名前を作れたと思うのですが、どうでしょうかね。
スポンサーサイト

愚痴日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<きがえ | ホーム | 第一章――壱>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。