人生の溜息

誰にだって溜息をつきたくなる時はあるもんだ。俺は毎日だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

めりー

 外伝ができたので出しました。
 タイトルの通り、昔々のお話です。

 原作の永遠神剣シリーズはエロゲーなので、登場人物がみんな18歳以上でなければならない、という暗黙の了解があります。
 なので『永遠のアセリア』で登場するエトランジェはみんな18歳以上です。困難を経験して大人へと成長していく様を描くのに、あの年代の少年少女が適役だということもあるのでしょう。
 え、佳織はどうなのって? いやいや、あの子は例外ですよ。神剣のマスターじゃないし、黙ってればバレないって。大体それを言うならスピリットの中にだって18歳どころか明らかに15歳にも達していないような子がいるし手を出そうものならロリ確t(自主規制)

 が、しかし。
 永遠神剣の側からすれば、別にあの年代に拘らなくてもいいんじゃない?
 そんなこと思い立ったのが榎本匠を生み出すきっかけです。
 どうせ仕込むなら若い内から慣れさせた方が将来役に立つとも言いますし、誰から見ても子供だと断言できる、それでいて明確な自我を持つ歳で【悔恨】と引き合わせました。

 その結果、生まれたのが現在の匠です。その性根の捻くれぶりは本編序章を読んでいただければ何となく分かると思います。
 もちろん外伝はあれだけで終わりではありません。まだいくつかあります。
 でもあくまで外伝ですから、本編の合間にちょくちょく出すだけに留めようと思います。それにひょっとしたら本編中にも過去話を織り交ぜるかもしれませんし。要するに予定は未定、と。

 ちなみに、外伝内にあるアルファベットの会話はある法則によって読むことができます。
 ヒント『逆』。
 気になる人は解いてみてね。

 次こそ、ちゃんと第一章を公開します。
 それでは、メリークリスマス!
スポンサーサイト

愚痴日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<はっけん | ホーム | 外伝――壱>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。