人生の溜息

誰にだって溜息をつきたくなる時はあるもんだ。俺は毎日だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いたみ

 包丁で指を切りました。
 そんなに深いものではなかったのですが、しばらく血が止まらなくて痛みに顔をしかめていると、「それくらいで泣くな」と言われました。
 泣いてないと反論するのも忘れてちょっと考えてしまったのですが……みなさんは痛いのは平気ですか? 指を切ったりとか脛を打ったりとか、怪我に慣れてますか?

 私はまったくダメです。痛いのは真っ平ごめんです。
 骨折したことがないと言うと知人に驚かれました。そんなにおかしなことだろうか。自分ではなく誰かが骨折しているのを側で見たことはあるのですが、その姿を見ているだけで痛いと感じる私は変わってるのか。
 はさみ、カッター、包丁、のこぎり、ナタ、斧。色々な刃物を扱ったことはありますが、それで怪我をしたことはほとんどありません。たぶん、じっくり慎重に使えるだけの余裕が、時間にも心にもあったからでしょう。切羽詰まった状況で焦るとあっさり怪我しますね、現にしました。

 落ち着かなきゃいけないと分かってる場面で焦らない方法って、慣れしかないのかなあ。
スポンサーサイト

愚痴日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ふるぼいす2 | ホーム | ふるぼいす>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。