人生の溜息

誰にだって溜息をつきたくなる時はあるもんだ。俺は毎日だ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

かんせい

 序章の弐、完成しましたので公開です。
 ゲームにおける序章で、悠人が【求め】の呼びかけの影響で昏倒した出来事を中心に書きました。ゲームでは場面が飛んで省かれてしまってますけど、学校の中でああいうことが起きたらちょっとした事件になると思うんですよ。
 本編の中では大して時間が経ってないのに、ここまで長々と書き連ねてしまって……この調子じゃファンタズマゴリアに行くのは一体いつになるのやら。自分でも心配になってしまいます(他人事じゃない)

 私が何度も申し上げてきたのはこういうことです。
 これまで作者である私が読んできた・観てきた中で知った能力の良いとこ取り――それがパクりの正体です。
 その作品の熱心なファンの方々から苦情が飛んできそうな方針ですが、このまま書いていきます。
 できれば、私の我侭にお付き合いください。

 察しの良い読者の方なら、既に匠の正体に気付いているかもしれません。
 優れた書き手は読者の期待を良い意味で裏切ると言います。私がそうできるかどうか自信の程は怪しいのですが、読みに来てくださる皆さんを楽しませられるようがんばります。
 最後になりますが、よかったら感想を聞かせてください。
スポンサーサイト

愚痴日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<おもしろ | ホーム | 序章――弐>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。